シドニー観光(団体)

シドニータワーと水族館に行ってきました。
タワーはシドニーの観光スポットとして一番最初に行くといいかも。
何かオーストラリアの説明とかしてくれるし。シドニーで一番高いし。
水族館は面白かったんですが、半年前美ら海水族館行ったからなー…
それと比べるとやっぱ美ら海の方がすごかったと思います。うん。

アイスカフェラッテプリーズ

説明会と説明会の間にちょっと時間が空いたのでカフェに行きました。
何処も混んでいて座れない中、なぜかガラ空きのお店発見し、面倒なんでそこに決定。
英語で表記してあるメニューが即座に理解出来ないのに
「何にしますか?」と急かされたので、焦って「アイスカフェラッテプリーズ」と言ってみた。
そしたら何かクリームたっぷりで苺とか乗ってる見た目完璧パフェな物体が出てきました。
「これ、いくらするんだろう…オーストラリアって食べ物高いじゃん?」と怯える私に
「10ドルとかしそう…」とダメ押しする友人(オーストラリアで出会った日本人)。
味はちゃんとカフェラッテでした。そしてすごくおいしい。
オーストラリアは食べ物の味付けがかなり大さっぱですが、コーヒーとパンは大体何処でも美味しい気がします。
問題のお値段は4ドル(約360円)。意外と手ごろ価格だったんで、また行きたいなーと思ってます。
でも探してもメニューに見つからなかったし、途中「どうですか??」とか聞きに来たし、4ドルとかなりキッチリした値段だし(他のメニューはセントまで決まってる)、もしかしたら正規のメニューには無かったのを頼んでしまったのかな…
もう一度行ったら出してくれるか心配です。
そいえば、友人が
ショートサイズのブラックコーヒーだと思って
「ショートブラック」て頼んだら、なんか小っちゃくて濃いいコーヒーってか、完璧エスプレッソが出てきて、朝から胃が痛かったと言っておりました。
皆さんもお気をつけて!

色々悩み

こんにちは。日に日にみすぼらしくなって来た荒屋です。
(全く名前の通りだ…)
髪の毛がね、なんか唐獅子のようになってきたのですよ。
シャンプーのせいか、紫外線のせいか、水のせいか分らないんですが。
いや、今まで髪の毛なんて大して気にかけていなかったのですが、こうボサボサしてくるとちょっと焦ります。
こっちは紫外線が日本の五倍以上とかで、サングラスと帽子は必須らしいんですが、ワタシ両方とも苦手でしてしてないです…
日焼け…は今んとこあんまり気にならないです。
でもきっと段々黒くなっていくんでしょうね…(恐怖)
今週いっぱいは、色々説明を受けたり、学校見学に行ったり、最後ちょっと観光したりして、
学校は来週から始まります。
きっとコレが重大な選択になるんだろうなぁ…。
学校は超街中の語学学校か、ちょっと郊外のでっかい大学付属の語学学校か悩んでます。
ちなみに郊外の大学付属の語学学校の方が高いです…
でも多分郊外を選ぶかな…

三日目

到着から三日です。
言いたい事はいっぱいあるんですが、文になりません。
なんで単語連発で、聞き取り側に頑張ってもらって会話しています。
ホストファミリーは、なんかスッゴイオサレに暮らしている白人の夫婦で、昨日は里帰り中の娘さん(私より2ツ上、既婚)と、叔母さんが来ていました。
娘さん、超美人…
今回一週間だけ色々優しく教えてくれたので、ずっと居ればいいのに…と思いました。
写真はシドニー市街です。
結構街並みが英国風な所とかあって、目に楽しいです。
久しぶりに油絵描きたくなった…けど重いすぎて持ってきてないからな…
揃えたらいくらかかるんだろう…
ちなみに、こちらの物価は東京より高く感じます。
食べ物とか…めっちゃ高いです。
ペットボトル0.5リットルのペット一本2.5ドル…(今、1ドル90円くらい)。
フードコートで食べるジャンクフードも余裕で8ドル超えます。。
美味しそうなもの食べようと思ったら、昼ごはんで1000円超えそうな感じで、コレは非常に痛い。
ホームステイ出たら、自炊で&お弁当だな…
服とかは安いんですが、サイズ合わないし…
あとね、あとね、アイボンが見当たらないんですが…!!
これ、私にとっては死活問題…
アイボンしないとアレルギー性結膜炎がエスカレートするんです…
コンタクトの液とかは同じもの売ってるんですが、困ったなあ…
ああ、時間切れ…

こっちに来た飛行機のこと

飛行機は今話題のJALの成田発シドニー直行便を使ったのですが、
預け荷物は20kgまでという制限があり、大量のアイボンやらコンタクト洗浄液やら化粧水を搭載していた
私のスーツケースの総重量は31kgと大幅にオーバーしていました…が、
オーバーしても結構オマケしてくれると小耳に挟んだので、そのままカウンターへ向かいました。
そしたら追加料金3万円…
5kg分はオマケしてくれるって言ったけど…それでも3万円…
なんで、私の時はオマケしてくれないのさ、
相方なんて10kgもオマケしてもらったとか言ってたのに…
今まで一円単位で切り詰めていた私が大人しく払う訳もなく
図々しく荷物チェックカウンターを借りて、オーバー分を抜き取り、手荷物として機内に持ち込みました。
一応手荷物も10kg以下って決まりがあるんですが、よっぽど大きくなければ注意されません。
でも重かった…
元々担いでいたパソが既に6kg以上あったんで、ほんとに、なんの拷問かと…
どうせ同じ飛行機に乗るのだから多目に見てほしい…

無事着きました

シドニーに着きました。
こちらは暑いです。
写真はこっちに来る時に飛行機から見えた朝日。
太陽が上がってくる所って初めてジックリ見ました。
キッチリとリセットされた感じがして、良かったー。

明日出発

のー!!まだ準備終わってないのに…
明日出発です…おおぉ
最近はしゃぎすぎて準備してなかったからな~…自業自得です。
ここにいる時間はもう24時間もないんだな~と思うと何だか今から寂しいです、泣きそうです。やだやだやだ、やっぱいーかーなーいー!!!
…冗談だけど、ちょっと本気。
オーストラリアに着いて、最初の二ヶ月はホームステイ&語学学校です。
今までまともに勉強したことなんてないので、一日中勉強という環境に耐えられるかかが心配です。
その他は…どこを心配したらいいのか分らないくらい漠然としていて、心配って言うかただただ不安です。
う~ん、行けばどうにか…ならないかなぁ…。な~あれッ!!(←自己暗示)
そういえば。
お世話になるホストファミリーに直前に急にドタキャンされました。
最初、私が希望していたのは2歳~7歳くらいの幼児がいる家庭。それだったら、幼児と一緒に英語が学べるかなー…と思ったので。(ワタシ英語乳児レベルなんで…)
ですが決定したのは14歳~21歳の難しいお年頃な子供三人がいる母子家庭…。
しかも同時に多数のホームステイ受け入れする場合もありますって…。
フツー受け入れって一人づつが基本では。ってか、寮じゃないんだから、他の留学生がいるとかあり得なくね?と、ちょっとヤサグレてたので、変更になってちょっと安心しました。
正直、そんなギザギザハートな年代と一つ屋根の下で二ヶ月暮らせる自信はないから!うん!!
新しいホームステイ先は子供無し(独立?)の50代くらいの夫婦の所になりました。
趣味、絵を描くこと、アート、読書ですって。
…趣味似てて嬉しいんですが、会話はあるのかな、この家庭…。

富士急に行ってきました

元同僚2人と富士急に行ってきました。
二人は東京からなんで、私一人甲府から地味に路線バスで一時間半。
いつも実家から富士山の前に見えた邪魔な山を越え、えんやーとっと…
ほぼずっと自由乗降区間なのはまあツッコミ所にもなりませんが、バス停の名前が「藤の木下」とかだったんですが…。コレ、地名ですよね。ホントに木の下がバス停だったらちょっと感動。
休日、春休み、良いお天気。
全ての行楽条件を満たしたこの日は、富士急にはあり得ないほど混雑していました。
いや、富士急にしては、ですが。
そしてさむーい!!!風が強くて、フジヤマは午後はほとんど止まってました。。。残念ー。。
でもとりあえずトンデミーナとドドンパには並んで乗りました。
トンデミーナ、ホントにヤバイですね。見た目も乗った感も。
なんかとりあえず笑うしかないような感じでした…
となりの高校生くらいの男性が、「やべー!!マジ半端ねー!!!」って、ずっと連呼してたのが印象的でした。
ドドンパは、速すぎてよく分りませんでした。ガンダム的な発進と待ち時間しか記憶にありません。
でも一番のお気に入りは垂直落下するコレです。
絶景でした。